読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出会い系を良く言うサイトに騙されないで!その理由について解説!

f:id:arimurasaji:20170123214633p:plain

みなさま恋人探しは順調でしょうか?

恋人探しをする方法は色々とあると思います。

学校や職場の人、合コン、街コン、婚活パーティー、友達の紹介、出会い系などなど。

その中でもよく出会い系を進めているサイトが多いかと思います。

なぜこんなにも出会い系を進めているサイトが多いのでしょうか?

今回はそのカラクリについてご紹介しようと思います。

 

 

なぜ出会い系を進めているサイトが多いのか?

なぜ出会い系を進めているサイトが多いのでしょうか?

正解はアフィリエイトです!

アフィリエイト??

何のことかさっぱりわからないって方が多いかと思います。

なので次にアフィリエイトについて簡単にご説明いたします。

 

アフィリエイトとは?

アフィリエイトは英語で書くとaffiliate、つまり”提携する”という意味です。

またアフィリエイト成功報酬型広告とも言われております。

アフィリエイトで収入を得ている人のことをアフィリエイターといいます。

次にアフィリエイトで報酬をもらえる仕組みを具体例で見ていきましょう。

Aさんはアフィリエイターです。

AさんのサイトにはB社の商品の宣伝とその製品の広告が張ってあります。

そのAさんのサイトに誰かがやってきてB社の広告をクリックし商品を購入するとAさんがB社から報酬をもらえるという仕組みになっております。

 

出会い系アフィリエイトとは?

では次に出会い系アフィリエイトの場合について見ていきます。

出会い系の場合売りたいものは商品ではありません。

では出会い系の会社が何を求めているかといいますと、”登録者数をいかに増やすか”です。

出会い系の会社は登録者数を確保するために出会い系の良さを宣伝してくれる人、つまりアフィリエイターを募集しています。

そのアフィリエイターの方々に出会い系の良さを読者に伝えてもらいその読者が出会い系に登録したら報酬発生というわけです。

しかもこの登録というのは無料でできるものなので商品を買う場合と比べてハードルが低いわけです。

つまりアフィリエイターは報酬をもらえる確率が高いわけです。

なのでアフィリエイターにとって出会い系は稼ぎやすい場所なのです。

なので出会い系のことをよく言っているサイトがやたら多い現状になっております。

 

出会い系の会社自体が宣伝するよりも素人が宣伝した方が胡散臭さがないのでこのようなビジネスモデルとなっております。

よく本の帯などにあの人気有名人も絶賛みたいなことが書いてありますよね。

あれも本を書いた本人が宣伝するよりも有名人が宣伝した方が胡散臭さがなく売れるからです。

 

出会い系を良く言う記事は鵜呑みにしてはいけない

感の良い方は気づかれましたか?

つまり出会い系を良く言う記事は、報酬が欲しいがために作られていることが多く、過剰な表現をしている可能性が高いということです。

「素敵な彼氏ができました」とか「二週間で彼女ができました」とか。

このような情報は嘘ではないかもしれませんが宣伝の可能性が非常に高いので、鵜呑みにしないようにしましょう。

だいたい二週間で彼女ができたら誰も苦労しません。

もっと出会い系が流行っているはずです。 

 

最後に

みなさまがよく見る出会い系を良く言って進めてくるサイトはだいたいが宣伝です。

鵜呑みにせずしっかりと見極める力をつけましょう。

甘い話には裏があるので気をつけましょう。