読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狭い部屋に住むメリット 四畳半でも意外と住みやすい!

f:id:arimurasaji:20170116235139j:plain

みなさまそろそろ春の引越しシーズンですね。

大学生になり一人暮らしをする方、新社会人になり一人暮らしをする方、転勤で単身赴任で一人暮らしをする方など様々だと思います。

どのような部屋に住もうと考えていますか?

「最低でも部屋の広さは八畳ほしい!」

いやいや、待って下さい。

たしかに広い部屋は家具もたくさんおけて見栄えもいいかもしれません。

しかし狭い部屋も実はなかなかいいところあるんですよ。

そこで今回は狭い部屋で一人暮らしをするメリットについて紹介しようと思います。

(筆者も現在4.5畳の部屋に住んでおりますw)

 

狭い部屋に住むメリット

 断捨離がうまくなる

部屋が狭いと必然的にものを置くスペースがないため物を大量に捨てなければなりません。

「そんなの無理!全部必要!」

って思う方も多いかと思います。

しかしよく見てみてください、実際は何年も使っていないものとか押し入れの奥の方にしまってあったりしませんか?

1年以内に使ってないものはなくても困らないものです。

実際に必要なものって本当はそんなに多くありません。

ミニマリストの方々だってもっとものが少なくても生きて行けています。

大量にものを捨てることによって自分にとって本当に必要なものがわかります。

よって部屋が狭いと努力することなく断捨離がうまくなります。

 

物をなくさなくなる

「あれ、どこに置いたっけ?」

といってタンスやら、クローゼットやらを探すことがなくなります。

そもそも部屋が狭いとタンスもクローゼットも置く場所がないのですからw

部屋が狭いと自分の所有物が少なくなることで探す箇所も限られ、その結果ものをなくすことがなくなります。

  

冷暖房の効きがよい

狭い部屋だと冷暖房機器は本当によく効いてくれます。

夏は冷房29℃設定でも快適に過ごすことができます。

通常の+1000円とかで余裕で過ごせちゃいます。

なので狭い部屋に住むとすごく電気代が安いです。

  

無駄に物を買わなくなる

狭い部屋に住んでいると物を買っても置く場所がありません。

「あ、この置物素敵!この服かわいいー!」

と思って買ってもそもそも置く場所がありません。

なので本当に必要なものなのかどうか真剣に考えます。

よって無駄にものを買わなくなります。

その結果節約もできお金が貯まります。

 まさに一石二鳥です。

 

引越しがとても楽

「引越しするのに片付けるのが面倒くさい」

って思う方が多いと思います。

しかし、狭い部屋だと必然的に物が少なくなるので引越しする時は非常に楽です。

そして物が少ないので引っ越し代金もお安く済みます。

本気でものが少ない方は引っ越し業者は使わずに宅急便などで送るのがお得です。

洗濯機や冷蔵庫も宅急便で運んでもらえます。

その他の小物は全部段ボールにぶち込んで運んでもらいましょう。

 ご参考までにURL貼っておきます。

大型家具・家電配送(らくらく家財宅急便)|ヤマトホームコンビニエンス

 

家賃が安い

部屋が狭いとやはり家賃が安いです。

同じ場所で同じくらいの築年数の物件なら8畳くらいの部屋に住もうと思ったら狭い部屋の月々+2万円は最低でもかかります。

1年間で考えると24万円もの差がでてきます。

狭い部屋に住んでいるだけで必ず1年間で24万円貯金できると思うと魅力的だと思いませんか?

狭い部屋に住んでいるだけで海外旅行に行けちゃうくらいのお金が貯まりますw

貯金するのが苦手な方にとっては頑張らなくていいので非常にいい節約方法だと思います。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

少しでも狭い部屋の魅力を分かっていただけていたら幸いです。

当然狭い部屋にもデメリットはありますがここではあえて紹介しませんw

自分で書くとどうしてもいいように書いてしまうので。